自分をよく見せるためのエゴ

相手の成長を削ぐ助けは
自分をよく見せるためのエゴ

助けているつもりが
お節介ということもある。

「親切な人」という
周囲からの評価を得るための
見せかけかもしれない

相手のためになるサポートを考えたい。

助けを求められる前に
先回りをして、手助けをする。

人目のつかないところで
こっそりと手を貸すのと

人目のあるところで
せっせと気遣いと称して先回りをするのと

手助けの仕方によって
手助けの目的が変わってくる

助手の立場なら
手が足りないところの手助けをする役割で
手助けを求められているのなら

見えるところで段取りをしてもいいかもしれないけれど

一生懸命成し遂げようとしているところに
手を貸すのは、手助けというのだろうか。。。?

その手助けの目的はなんでしょう。

相手が良くなることが目的なのであれば
手を貸す内容については目立つ必要がない。

本当にじっくりと
相手のことだけを考えているのなら

表立った手助けは必要としていないはずです。

スポンサーリンク
カードレクタングル(大)
カードレクタングル(大)