否定の言葉は封印

この言葉を多用していたときは
本当に無意識に使っていました。

自分に対する自信のなさを
この言葉でごまかしていたのだと思います。

 

どうせ私なんて。

だって、〇〇さんがそう言ったから

でも、うまくいくわけがないわ

 

『どうせ』の後には自分を下げる言葉が続きます

『だって』の後には言い訳が続きます。

『でも』の後には否定文が続きます。

 

はじめから自分を下げておけば
自分がしたことに対して否定されても

どうせ誰もわかってくれない。
だからできないという理由になる。

 

だってあの人がわかってくれなかったから。
と人のせいにできる。

 

初めからうまくいかないということを決めてしまっている言葉を使っていても、うまくいくはずはありません。

 

うまくいく前提で考え
うまくいく前提で行動するから

うまくいくんです。

 

そのことに気がつくまでには時間がかかりました。

 

自分に自信を持つということが
とてもむずかしいことだったから。

 

自信を持つためには
成功体験をたくさんする必要があります。

 

成功体験をするためには
行動しなければなりません。

 

行動してもすべてが成功するとは限らないので
たくさん行動する必要があります。

 

そして、ひとつひとつ
結果が成功でも失敗でも
たくさんの行動を起こした結果だと

 

失敗もするかもしれないけれど
成功できると自分を信じてあげること

 

できない前提から
できる前提に変えてから

驚くほどに結果が変化しました。

 

変化、行動、前進
色は緑

 

色と言葉をイメージして
成功できている自分を想像してみましょう^^


スポンサーリンク
カードレクタングル(大)
カードレクタングル(大)